7月24日(日)、益田市種地区へ視察研修会へ出かけました!
江津市が取り組む、地域コミュニティ事業に取り組み始めた松平地区。
松平たすけ愛協議会として今後取り組みを本格化するために、まず他地域から学ぶことを始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲7月24日(日)、空は快晴です。
松川町・川平町から総勢約80名が参加し、バス2台で視察にむかいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲最初の視察先は、益田市の松永牧場です。
視察といえど、さながら団体旅行のような人の多さ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲なにやら、たくさん人が来たぞ・・・!牛たちもドキドキです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲「なんとまあ、たくさんおるのぉ~」
牛を見学しながら、一同、集合場所へ向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲牧場の代表者:松永さん、種地区振興センター:渡邉さんより、
牧場の経営や牛の飼育状況についてお話を聞かせて戴きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲肉牛の出荷とともに、メープル牧場として酪農も主なっているとのこと。
牛肉の8割は東京へ出荷されているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲カメラをむけると、不思議そうな瞳でこちらを見る牛たち。
これからも感謝して戴きます。

松永牧場と種地区振興センターは、車で5分少しの非常に近い距離にあります。
地域の牧場との関わりもあり、地元のまつりでは松永牧場の牛肉を美味しくいただくとのこと。
業務のなかお話をして下さった松永さんにお礼を述べ、
視察参加者一同は種地区振興センターへと向かいました。

110724kenshu-08

▲センターに着き、渡邉公民館長さんからご挨拶を頂きました。
益田氏は公民館=「振興センター」という名称で運営されています。

110724kenshu-09

▲松平地区の紹介、簡単な説明をおえたら、まず昼食をいただきました。

前日から、たくさんの人数分の弁当を用意して下さった「
種まなびや工房」加工部の皆さん。

▲昼食の後は、種の取り組みについてしっかり学びとります。
組織の編成や補助金の申請方法についてなど、
質問がぽつぽつ飛び交う、充実した時間となりました。
110724kenshu-12
▲たっぷりお話を聞かせて戴いた後は、種小学校跡地を見学。
小学校の面影が、そのまま残されています。
110724kenshu-13
▲入口に掲げてある看板。早速中にお邪魔します。
110724kenshu-14
▲昇降口に入ってまず目に入ったのが、跳び箱のジャンプ台を活用したスロープ。
段差とぴったり合いて、とても素敵なアイディアです。
110724kenshu-15
▲昼食を作って下さった加工部のみなさん。
小学校の理科室だった教室を加工場に改装して、
普段は4人体制で作業しておられます。
110724kenshu-16
▲種まなびや工房・加工部の皆さんが作っている梅干し。
梅干しの木は、もともと地域内に生えていた梅から実を収穫しています。
110724kenshu-17
▲遊休農地で作った大根を干し大根に。
他にも、山から掘り出した筍を水煮や干し筍になど
「出来ることから始める」種の皆さんの知恵の宝庫です。
110724kenshu-18
▲階段下の物置スペースを、梅漬けの貯蔵に活用。
寝かされた梅は、やがて梅干しとして製品になります。
110724kenshu-19

▲2階に上がれば、音楽室が神楽の練習場に!
種神楽保存会の方々が練習する姿が目に浮かびます。

 

7月24日(日)、種地区視察終了!
帰りは浜田夕日パークで休憩をし、松平へと帰りました。

「なぁんだ、そんなに大したことやってないじゃないか」
視察ではそう思って帰るくらいが調度いいですよ、
と笑顔でお話して戴いた渡邉公民館長さん。

種の皆さんのマンパワーに心打たれた、
と視察の感想に記入して戴いた松平の方もおられました。

2011年3月に閉校となった松平小学校。
松平の挑戦はこれからです。